●先日、ぼくが友達とファミコンをしていると 通りかかった母が、「おまえたちはいいねぇ、毎日がエブリデイで」と言った。母はいったい何がいいたかったのだろぅ・・・・


●家族揃って夕食をとっているとき、何かの拍子に怒った父が、「誰のおかげでメシが食えると思ってるんだ」と言おうとして、「誰のためにメシ食ってんだ!」と怒鳴った。私と姉は「自分のためだよ」と答えた。


●夫婦ゲンカのとき、父が母に「バカモノ!」と言うのを、間違って、「バケモノ!」と怒鳴ってしまった。ケンカはさらにひどくなった。


●うちの母は、頭が痛くなると氷でおでこを冷やします。先日も夜中にかなり痛みがひどくなり、暗闇の中をフラフラしながら台所へ。冷凍庫から、あらかじめビニール袋に入れてある氷を取り出して、おでこにのせて眠りました・・・。翌朝、目が覚めてみると、母の枕元には解凍されたイカが転がっていました。


●甘味屋さんで、母は田舎汁粉を、私は御膳汁粉を頼みました。店員さんが、「田舎はどちらですか?」と聞いたら、母はとっさに、「はい、新潟です」と答えてしまいました。


先日、父は、男にフラれて落ち込んでいた姉をなぐさめようとして、「おまえ、人間は顔じゃないぞ」と言うところを、「おまえの顔は人間じゃないぞ」と言ってしまった。


●妹が夕食にスパゲティを作ってくれることになりました。妹は、「今日はカルボナーラを作るね」と母に言っていました。夕方、私が外から帰ると母が、「もうすぐボラギノールができるってよ」と言いました。ソレって痔の薬じゃ‥‥‥?


●エアロビクスを習いに外出していた私に、友達から電話がありました。横文字に弱い母は何を思ったのか、「娘はアクロバットに行っています」と答えたそうだ。


●弟は、誰に似たのかとても勉強ができる。それで、高校1年生のとき、アメリカに留学することになった。そのとき、母は親戚や近所の人に、「うちの息子をアメリカにホームレスにやるんですよ」と言って、自慢して歩いていた。ホームステイとホームレスを間違えていたのである。


●先日、プロ野球ニュースを見ていたときのこと。「ヤクルトのルーキー、伊東」と聞いて、母は、「日本人ぽい人ネ」と言った。


●私の母は62歳。記憶力が悪いからと、キャッシュカードの裏に黒のマジックで大きく、その暗証番号を書いている。


●先日、父はメガネを作りに行った際、「無色ですか?」と店員にレンズの色を聞かれると、何を勘違いしたのか、「いえ、銀行員です」と、自分の職業を答えていた。


●うちの父は、沖縄に向かう飛行機の中でエラソ〜に、「沖縄は島全体が『さんしょううお』なんだぞ!」と言った。それを言うなら、サンゴ礁だろ!!


●私の家はクリーニング屋です。ある日お客さんが「いま、セール中ですか?」と聞いたのを母は、「いま、生理中ですか?」と聞き間違え、「もう、3年前に終わりました」と言ってしまった。


●母は、まだ40代前半の若き頃、私の受験用航空券を買いに行き、旅行代理店のお姉さんに、「スカイメイトでお願いします」と言うところを、「スクールメイツでお願いします」と言って、店内の時を止めてしまった。


●夕食後、テーブルの横でうたた寝をしていた父がうなされていたので、私は母と、「悪い夢でも見ているのかな?」と話していると、突然、「ライダー、助けてっ!」と父が叫んだ。ちなみに父は56歳です。


●うちの母がテレビを見ていると、美人のアナウンサーが出てきた。母は、「こんな人が嫁に来てくれるといいわ」と言ってニコニコしていたが、ウチの家族で男はお父さんしかいない。母は、いったい誰の嫁がほしいのだろうか・・・・・。


●お風呂に入っていた父が、突然、大声でわめきだしました。「大変、大変! どっかから鼻血が出てる!」いったい、父のどこから「鼻血」が出たのでしょうか・・・・?


●私の母方のおばあちゃんの話しです。お医者さんに行き、「お尻に入れなさい」と渡された座薬を、おばあちゃんは、お汁に入れて飲んでしまいました


●うちの父は、強風が吹いたり雨が降ったりすると空に向かって、「バカヤロー! ろくなもんじゃねえな〜」と必ず叫びます。台風がきたときなど、そりゃあもう


●ある日、父は会社の女の子達とお昼を食べに行きました。みんながピラフを 注文するので、自分もそれが食べたくなった父の口から出た言葉は・・・「俺もピラフちょうだい! ライスつけてねっ!


●うちの母は、お風呂に入っているときに電話がかかってきたので、バスタオルを巻いて電話に出て、「こんなかっこうでスミマセン」と答えていた。電話じゃ、なにも見えないのに・・・・・。


●先日、わが家に泥棒が入りました。散らかされた部屋を見て、あわてながらも落ち着きはらったような顔をしていたお母さん。「これから警察の方がみえるんだから、こんな汚いところを見せられないわ」と、ぞうきんがけを始めました。指紋をとる白い粉には、ぞうきんの跡がくっきり出ました。


●娘が小学校で遠足の注意書きをもらった。 『池にはまる子がいるので・・・』という所に目がとまり、「まる子がおるらしいで、池に。」と叫んだらクラス中が「ほんまや、まる子がおるんや。」と騒然となった。


●ママさんバレー(死語)をやっている私の母がとあるガソリンスタンドで「お客さんレギュラーですか?」「いえ、『控え』なんです。


●今日は大事な柔道の試合がった。ところが、惜しくも敗れてしまった。そんな失意のどん底にいる僕が自宅の玄関を開けた。今日の試合どうだった?」「は〜、プレッシャーに負けたよ」「まあ、外人さんだったらしょうがないじゃない。
もどる

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO