最近のコンピュータエキスポ(COMDEX)で、ビル・ゲイツはコンピュータ業界と自動車業界を比較し、次のように述べた。

「もしGMがコンピュータ業界のように目まぐるしい技術革新の競争にさらされていれば、我々の車は1台25ドルになっていて、燃費は1ガロン1000マイルになっていただろう。」


このコメントに対し、ジェネラルモータースは次のような答えを発表した。「もしGMが、マイクロソフトのような技術で開発すれば、次のような性能を持つ車になっていただろう。

1.特に理由がなくても2日に1回はクラッシュする。

2.ユーザーは、道路のラインが新しく引き直されるたびに新しい車を買わなくてはならない。

3.高速道路を走行中、ときどき動かなくなることもあるが、これは当然のことであり、淡々とこれをリスタート(再起動)し、運転を続けることになる

4.何か運転操作(例えば左折)を行うと、これが原因でエンストし、再スタートすらできなくなり、結果エンジンを再インストールしなければならなくなることもある。

5.車に乗ることが出来るのは、Car95とかCarNTを買わない限り、1台につき1人だけである。ただその場合でも、座席は人数分新たに買う必要がある。

6.マッキントッシュがサンマイクロシステムズと提携すれば、もっと信頼性があって、5倍速くて、2倍運転しやすい車になるだろうが、全道路のたった5%しか走れないのが問題である。

7.座席は、体の大小、足の長短などによって調整できない

8.エアバッグが動作するときは、「本当に動作してよいですか?」という確認がある。

9.不用意に車から離れると、理由もなくキーロックされてしまい、車の外に閉め出されることがある。そしてドアを開けるには、「ドアの取っ手をあげる・キーをひねる・ラジオアンテナをつかむ」という操作を同時に行う

10.GMは、ユーザーのニーズに関わらず、オプションとしてRand McNally(GMの子会社)社製の豪華な道路地図の購入を強制する。もしこのオプションを拒否すると、車の性能が50%以上も悪化する。GMはこの抱き合わせ販売のために司法省に提訴される。

11.運転操作は、ニューモデルが出るたびに、はじめから覚え直す必要がある。

12.エンジンを止めるときは「スタート」ボタンを押すことになる


もどる

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO